自然信仰の聖地・熊野古道と熊野三山

2021年7月30日から2泊3日で熊野をひとり旅してきました!

この夏は「生まれ変わり」のエネルギーが流れるというメッセージが来ていました。
生まれ変わるというか、脱皮する・一皮むけるような経験はスピリチュアルを志してから何度かありました(2019年のセドナとか)。今は海外へも行けないし、どうしたものかな・・・と思慮を巡らし、そういえばいつか行こうと思っていた「熊野古道」があった!と閃きました。

ユネスコの世界文化遺産として登録されている熊野古道は、【魂の蘇りの地】【自然信仰の聖地】と謳われ、平安時代から熊野詣が盛んだったそうです。
昔は京都から徒歩で行ってたと考えると、えらい苦行だなと思います・・・(^^;
豊かな自然、過酷な行程、それを乗り越えたという達成感は、まさしく神秘的な力によって生まれ変われたという気持ちになれたのでしょう。

現代でも京都からは4時間ほどかかります。気軽には行けない距離なので「熊野三山」はすべて巡っておきたいし、「熊野古道」も歩きたい・・・と欲張って(しかし体力に自信がないため歩くコースを吟味して)入念にプランを立てました!

「熊野三山」とは、熊野速玉大社熊野本宮大社熊野那智大社の3つの神社の総称です。
今回は京都から名古屋経由で新宮市の熊野速玉大社→那智勝浦町の熊野那智大社→田辺市の熊野本宮大社→紀伊田辺駅から京都へ戻る…というコースで回りました。

初心者向けの熊野古道コースも歩き、「蘇りの地・熊野」をたっぷり堪能できて大満足です(^^)
何といっても【那智の滝】が最高でした!真夏の暑さも吹き飛ぶ清々しさ!!!龍神様の存在を信じざるを得なくなるほどのエネルギー!!!現在の私の【ベストオブ聖地】と認定しました(笑)絶対にまた行きます!

※自分の波動が変わると、自分に合うパワースポットも変わってきます。必要な場所からは呼ばれますので、直感で「行きたい!」と感じた場所へはぜひ足を運んでみてくださいね。

というわけで、私の熊野紀行を徒然にしたためましたのでお楽しみください(^^)

1日目:熊野速玉大社・神倉神社

熊野の神様は、神倉山のゴトビキ岩に降臨されたそうです。その後、現在の速玉大社のある場所へ遷られたとか。
熊野速玉大社は駅から徒歩で行ける街中の平地にありますので、お参りしやすかったのですが、、、
山の上にある「ゴトビキ岩」を見るためには、ものすっっっっっっっごい急勾配の石段(ほぼ崖)を登らなくてはならないのです(T_T)
高所恐怖症の私にとって、かなりの苦行でした(T_T) 登りはまだ良いのですが、下りでは生きた心地がしませんでした。四つん這いになって降りました。
ゆっくりゴトビキ岩のエネルギーを感じることもできず「生きて帰りたい!」と思いながら恐怖と戦い(大袈裟)、無事麓に着いた時、一皮むけた気がしました。何事も体験ですね。

帰り道のかき氷が至高でした(T_T)生きててよかった(笑)

熊野速玉大社
神倉神社のゴトビキ岩
神倉山からの眺め

2日目:熊野那智大社・那智の滝(飛瀧神社)・大斎原

新宮駅から紀伊勝浦駅まではバスで移動。海がすぐ近くにあって、山のイメージだったので不思議な感じです。
紀伊勝浦駅からバスを乗り換え、熊野古道の雰囲気を味わえる「大門坂」を歩きました。
那智大社は山の上にあるので、まあまあ長い階段を登って疲れましたが、神倉山の階段を思えばとても歩きやすかったです(笑)途中で鹿の親子に出会いました。神社で生き物に遭遇する確率が高い私。歓迎してくれてるみたいで嬉しいです。

ここではとにかく「那智の滝」が素晴らしかった!!!
観光地で人がたくさん来ているはずなのに、「人の念がない?」と不思議になるほどの清々しさ。龍神様の「祓い・清め」のパワーは凄まじいな!と感じました。これは信仰したくなるのも当然です。
人生で最も晴れやかな気持ちになりました!

実はこの経験は、帰った後の出来事につながっていたのです。いつかそのことについても書きたいと思います。
那智の滝で私の波動が(当時の)極限まで高められていたから、その後に起きたヘビーな出来事(笑)を乗り越えられたのだと今は分かります。あと龍神様のお使いも・・・宇宙の導きは、本当に全部繋がっています。

那智の滝をじっくり堪能した後、バスで熊野本宮大社へ。近くの湯ノ峰温泉に宿泊しました。
夏でも温泉はよきです(^^)

熊野那智大社
飛龍神社・那智の滝の入り口
超清々しい那智の滝のエネルギー!
滝の近くでマイナスイオンもたっぷり浴びました
大斎原はかつて熊野本宮大社があった場所です

3日目:熊野本宮大社・熊野古道(発心門王子〜熊野本宮大社)

最終日。帰りの電車とバスの時間を考えると、14時頃に熊野大社を出発しなければなりません。熊野古道を歩くかどうか若干迷いましたが、初心者コースなら2時間半で歩けるというガイドブックを信じて決行。
思っていたよりも平坦な道で、本当に2時間ちょっとで歩けました。やっぱり後悔しないためにはチャレンジですね!
緑に包まれた道を歩いて、とても癒されました。私の他に歩いている人もいなくて、静かに自然のエネルギーを感じながら歩くことができたのもよかったです。那智の滝とは違って熊野古道の山道は「鎮め・癒し」の波動を感じました。

熊野本宮大社は素戔嗚(スサノオ)が御祭神です。夏から4ヶ月経った年末にこの記事を書いているのですが、最近素戔嗚のイメージがすごく来ていて、12月30日には出雲へ行くことになっています。
(出雲は素戔嗚がヤマタノオロチを退治した場所です)
これもまた流れができている感じなのです。どこまで行くんだろう(笑)それもまた楽しみであります。

魂の成長を目指して道を歩みはじめると、宇宙からの導きがあります。人によっては試練や修行と感じるような「こんなことある?」という出来事が起きたりします。宇宙から「使われている感」もすごくあります(笑)
でも自分で選んだ道なので。私は生きている間に、どこまで魂を磨けるか、地球での三次元ゲームの中で、どこまでステージを上げられるかに挑戦しています。

本当に熊野三山の旅は、私の生まれ変わりというか、さらなる覚醒の序章でした。
今、最終ステージが始まったという確信を得ています。


これからも精進しながら、でも楽しく生きていきたいと思います!

熊野本宮大社
やさしい波動の熊野古道
シダ系の植物が多かったです
緑に癒されます
まさに魂を蘇らせてくれる場所でした
ゴール近くでは大斎原の大鳥居が見えます

関連記事

  1. セドナで感じた宇宙の意図

  2. 日本最大の禅寺:妙心寺【京都】

  3. 高野山:真言宗密教の世界①

  4. 出雲大社 :日本神話への誘い

  5. お伊勢さん参り【日帰りツアー】

  6. 都会のオアシス・明治神宮

  7. 日本のボルテックス!鞍馬山へ

  8. 華厳宗大本山・東大寺

最近の記事

月別アーカイブ

キヨクイズミ 初の著書 発売中!