セドナへ行ってきます!

9月14日・15日
ネイティブアメリカンの聖地・セドナにてバシャールの公開チャネリングのイベントがありまして、なんとなんと参加してきます!

バシャールとは、アメリカ人のダリル・アンカさんがチャネリングする宇宙意識です。ダリルさんはチャネラー(高次元からのメッセージを受け取り伝える人)の草分け的存在で、日本でも1980年代から本が出版され、その深い内容が多くの人の心をとらえています。

そしてセドナは、地球のエネルギーが吹き出す「ボルテックス」と言われ、世界有数のパワースポットです。

私はスピリチュアルについて学び始めたのが2017年ですので、バシャールは’何となく聞いたことのある名前’という認識でした(^^; 
本も読んだことはありません(^^;

セドナも、今年に入ってから「行ってみたい!」と思い始めたばかりで、でも現実的にはまだ何年か先かな…という感じだったのですが、お誘いをいただいて「これは呼ばれているでしょ!」と感じました。

セドナという場所のエネルギーを感じるのと同時に、バシャールの波動もしっかり感じてきたいと思います。

スピリチュアルを学ぶようになって、占い師やヒーラー、チャネラーなど様々な方にお会いしています。その人が出す波動は動画からでもわかるので、海外の方の動画も見ました。

そんな中、自分の波動との相性がわかるようになってきました。どんなに有名人でも、言うことが(一見)正しくても、その裏にある意識(出発点)がクリアかどうかが大切だということもわかってきました。
多くの人に気づきを与えているバシャールの波動はどんなものか、今から楽しみです。

写真もいっぱい撮ってきます!

いつか行く日のために!とガイドブックを買ったらすぐ引き寄せが起きました!

折しも、9月14日は魚座の満月です。魚座は西洋占星術では12星座の最後の星座になりますので、ひとつのサイクルの完成そして次のサイクルへ向けて浄化やリセットが起きるタイミングです。
私のスピリチュアルな探求・自分らしく生きるための活動も、次のステージへと進む流れになっているのではないかなと思います。

もちろん、子どもがまだ中学生と小学生なので、夫が許してくれなければ行けません。「一生のお願い!」をしたら「いいよ」と言ってくれました。本当に、器の大きい夫に感謝です。(^人^)

子どもを置いて友人と海外旅行へ行くなんて、1~2年前の自分では考えられないことです。たぶん夫にお願いする前に断っています。
今は、 以前より子どもが成長して出かけやすくなったこともありますが、私自身、自分のやりたいことを貫くことへの「罪悪感」をなくすことができたから、行けるんだと思います。

今回が初めての北アメリカ大陸になります。実は、私の独身時代の後悔ナンバーワンは、アメリカへの一人旅を、仕事を理由にキャンセルしたことなのです。
仕事が忙しかったとはいえ、本気で行こうと思えば行けたはずなのに。未知の世界への恐れ、自分の枠をはずすことへの恐れだったのか。当時はまだネガティブ思考に囚われ、自由に行動することへの罪悪感を持っていたんだと思います。

あれから約20年!? 現実の生活で埋もれていた大陸への憧れ(ボイジャータロットもアメリカ人が作者ですので、やっぱり私はアメリカ好きなのかも・笑)にリベンジできるチャンスがやってきました。
一緒に行く人たちは1週間以上滞在するけれど、私は家の都合があるので4泊6日の旅です。もっとゆっくり滞在できる時に行けばいい…と思われるでしょうが、それを待っていたら3年後くらいになってしまいます。

セドナへ行ったからといって、何かが大きく変わるとは限りません。でも、行ってどうなるかは行かないとわからない。今、魂が行きたいと叫ぶのなら、たとえ何も感じられなかったとしても私に必要な体験なんです!
この決断自体が、私にとってのBreakthrough です。

セドナへ行く前のメッセージは、 ネイティブアメリカンの叡智 を教えてくれる「ネイティブスピリットオラクルカード」で引いてみました。天とつながり自分を解放し、人生の新しいサイクルが始まるようです。
地球の大きさを体感するのが楽しみです。

初めての北アメリカ大陸に舞い上がってます(^^)

帰ったらバシャールからのメッセージ、セドナでの気づきをシェアしたいと思います。お楽しみに!

関連記事

  1. ダイエットは精進潔斎だった?

  2. 変容の旅!セドナで知った「カルマ」と「人生の目的」①

  3. 水のように生きる

  4. 私がボイジャータロットを始めたワケ

  5. 平成最後の日に

  6. 歴史と信仰の街・長崎

  7. 変容の旅・セドナで知った「カルマ」と「人生の目的」③

  8. スピリチュアルと現実の融合

最近の記事

月別アーカイブ