天使の声を聞く方法

ただいま自宅を改造中でして、本棚の整理をしています。今朝、急にこの本のことを思い出して探しました。本の位置も変えたので、なかなか見つからず…
それでも、しつこく探しました。こういう、ふっと脳裏に浮かぶもの(直観)というのは、高次元からのメッセージであることが多いのです。

これまでは直観を無視する傾向があったのですが、最近は直観に従った方が上手くいくので信頼して行動するようにしています。
で、パラっと開いた時に目に飛び込んできたフレーズが、高次元からのメッセージだったことがわかりました。

『天使の声を聞く方法』あなたへのエンジェル・ガイダンスに気づきましょう
ドリーン・バーチュー 著/奥野節子 訳/ダイヤモンド社

写真をクリックするとAmazon詳細へリンクします↓↓↓

 
ドリーン・バーチューさんは、エンジェル・セラピー の提唱者であり、エンジェルをモチーフとした、多数のタロットカードやオラクルカード の作者です。
このブログの読者さまにも、エンジェルカードを使っている方がいらっしゃるかもしれませんね。

私はボイジャータロットを使っていますし、あまり天使には興味がなくて、エンジェルカードも使ったことはないのですが、チャネリングの勉強用にと1年くらい前にこの本を買いました。でも、ちゃんと読んでいなかったんです(^^;

私が本を読んだり、チャネリング講座に参加したりして得た結論は、瞑想して自分がニュートラルな波動(=高次元とつながりやすい波動)になり、ハイヤーセルフやガイドスピリット等からのメッセージをキャッチしやすくするのが基本である、ということです。

(ニュートラルな波動になるための方法が人によって違うだけです)

もうひとつの基本は「信じる」ということ。自分がキャッチしたメッセージを、キャッチできる自分を信じることです。でも、信じることって難しいんです。自分自身のエゴの声ではないか、低次元の存在からの悪の声ではないか、と心配になってしまうことがあります。

私は今ではかなり波動の低い思考や感情がわかるようになりましたし、それは高次元からのメッセージではないと判断します。
そして「瞬時に浮かぶこと」を高次元からのメッセージとして採用します。時間が経てばたつほど、エゴ(低次元の自分)や他人の評価や常識にとらわれた考えになるのですね。

こうしたメッセージの見分け方も『天使の声を聞く方法』の中に書いてありました。
で、私が本をパッと開いた時に目に飛び込んできたのは

クレアコグニザンス(透知)

という言葉でした。
サイキック能力には、色々種類がありまして
・クレアボヤンス(透視)
・クレアオーディエンス(透聴)
・クレアセンシェンス(霊感)
なんかは、私も知っていたのですが(他にも色々あるようです。サイキック能力については、別のコラムで書きたいと思います)、「クレアコグニザンス(透知)」については、ネットでチラッと見たことがある、程度の認識でした。

チャネラーさんや霊能者さんなどは「見える」「聞こえる」と言う人が多いので、私はずっと、映画のスクリーンのように映像が見えることや、音としての声が聞こえることが、メッセージをキャッチしたことだと思っていました。

ですが「知っている・わかる」という感覚もあるのだそうです。
初めて知ったことなのに正解だとわかる、アイデアがひらめく、といったことも、サイキック能力のひとつであり、高次元からのメッセージの受け取り方です。
科学者や実業家、作家など、ひらめきを形にして世の中に貢献する人たちは「クレアコグニザンス」によって、メッセージを受け取っている訳です。
アインシュタインやスティーブ・ジョブズ、大ヒット漫画家などはこの能力を活かしていたのだと推測します。
サイキック能力の中でも、「クレアコグニザンス」は、スピリチュアルに抵抗がある方でも受け入れやすいのではないでしょうか。

私は子供の頃から何かが見えたり聞こえたりする人ではないし、はっきり言ってオーラの色はよくわかりません(笑)
でも、人と話していると直観的に「わかる」ことがありますし、仕事のアイデアがひらめくことも結構あります。最近は、思考で話そうとした時に、それが違っていると言葉がストップして、高次元から修正メッセージが来ることがあります。

『天使の声を聞く方法』の「クレアコグニザンス」の章を読んで、私は透知タイプなんだと改めて確信しました。
本当は、メルカリで売ろうかなと思っていた本書ですが(申し訳ない)、もう一度しっかり読んでみます。

最後に。

サイキック能力は、特別な人だけが持つのではなく、誰もが潜在的に持っている能力です。なので、能力が顕在化していること自体に価値がある訳ではありません。高次元からのメッセージを受け取り、どう活用するか、が大切です。

魂を燃やし尽くして人生をより良いものにできるよう、高次元からのメッセージ(直観・インスピレーションとも言えます)は誰にでも届いています。直観と繋がるために、エゴを満たすのではなく世のため人のために、サイキック能力を活用しましょう!

関連記事

  1. 集中講義 大乗仏教

  2. 量子論のすべてがわかる本

  3. 「原因」と「結果」の法則

  4. ダンス・ダンス・ダンスール

  5. オズの魔法使い

  6. MASTER KEATON

最近の記事

月別アーカイブ

キヨクイズミ 初の著書 発売中!