セドナで感じた宇宙の意図

この記事は、スピリチュアル度高めです。
霊体験のお話になりますので、興味のある方のみお読みくださいね。

私は2019年9月に、ネイティブアメリカンの聖地・セドナへ行ってきました。

【関連記事】
セドナで知った「カルマ」と「人生の目的」①
セドナで知った「カルマ」と「人生の目的」②
セドナで知った「カルマ」と「人生の目的」③
バシャール公開チャネリング@セドナ参加レポート

当初の目的は、バシャールの公開チャネリングに参加すること。バシャールといえば、日本でも有名な、チャネラーの草分け的存在です。今回、バシャールの公開チャネリングがなければ、たぶん私はセドナ行きを決意しなかったと思います。(なんたって、まだ小学生の子どもがいますので)

ところが、 宇宙の意図は、別のところにあったことがわかりました。

セドナへ行く前、セドナへ一緒に行くことになっていた友人と、宇宙の真理についての勉強会に参加することとなりました。そこでは「世界三大霊訓」と呼ばれる「シルバー・バーチの霊訓」のさわりを教えていただきました。

勉強会に数回参加したあと、とある事情があって、セドナ旅行の直前に勉強会自体がなくなってしまいました。でも、その出来事が、セドナでの体験の「プロローグ」だったのです。

セドナのホーリークロス教会には、ベイビーキリストを抱く
マリアのように見える岩(中央)があります。

私がセドナから帰国する日は、レッド・ロック・クロッシングという川遊びができる場所とホーリークロス教会へ行き、お土産屋さんに寄って帰る予定でした。
しかし、朝起きると、同行者のひとり(霊媒体質らしいです)に、川で溺れて亡くなった子どもの霊が憑依していたのです。

現地で合流した別の参加者の方がセドナの川で泳ぎ、宿泊場所まで霊を連れて帰ってきたようです。本人は先に帰途についたのですが、泊まっていた部屋に霊が留まっていたらしいです。
どうりで、前夜にその部屋へ入ろうと思ったら入れなかったわけです。私は超怖がりなんですが、実は少し霊感があったんですね。

とにかく、憑依された人は「寒い寒い」と言うし、私は霊関係には苦手意識があるし(とにかく怖い)、この状態では出かけられないし、どうしたものか… と、皆で途方に暮れていました。

その時に、例の勉強会で教えてもらった霊界の話を思い出したのです。

・人間は霊体と精神と肉体でできていること
・死とは肉体から霊体が離れ、三次元世界を卒業すること
・魂を霊界へと導くこと、魂が霊界へ上ることは、愛であること
・霊界へ行けば、すぐにまた家族と会えること

などを話しました。子どもの霊は私の話を聞いてくれていたそうです。アメリカの霊なのに、日本語で通じたんだ!というのも面白い発見でした。霊界では言語は関係ないんですね。

そして皆で、愛をもって(霊が憑依したままでは迷惑だから・・・というような自分たちの都合ではなく、純粋にその子のためを想って)その子が霊界へ上がれるよう祈ると、霊が抜けてくれました。同時に、私の中にも霊の感情が流れ込んできて涙が溢れました。生まれて初めての浄霊体験でした。

この体験で、スピリチュアルを仕事にしようとしていながらスピリチュアルに抵抗感があり、懐疑的だった自分の殻を破ることができたと思います。
実際に体験したら、もう疑うことはできないですよね。勉強会で教えてもらった「シルバー・バーチの霊訓」に書いてあることも「本当だった」と納得できました。

私だけに必要な経験だったわけではなく、その場にいた全員にとっての学びでした。これも、私にとって大きな気づきでした。

セドナへ行く前から、ハイヤーセルフが同じ課題を持つ人や、お互いが学びの関係にある人をキャスティングし、いっぺんに覚醒させるための筋書きを書いたとしか思えないような出来事でした。

ホーリークロス教会は、聖なる空気に満ちた場所でした。
光に還した子どもの霊のために祈りを捧げました。

子どもの霊を、愛をもって光へ還した後は、予定通り出発したのですが…
またここで、宇宙の意図を感じる出来事が起こりました。

まずレッド・ロック・クロッシングへ向かったのですが、川へ着く寸前にすごい雷が鳴り、大きな雹が降ってきて川へは近寄れませんでした。
(川でなくなった子どもの霊がいたのに、川へ行くのはNGですよね;;;)

あ、これは、宇宙からのダメ出しだということで、ホーリークロス教会へと向かいました。教会へ近づくと車の中からでも空気が変わったのがわかりました。「祈りを捧げなさい」と言われたなと感じて、教会で「そちらへ行った子のことをよろしくお願いします」とお祈りしました。

ホーリークロス教会は愛に満ちていて、とても気持ちのいい場所でした。この経験も、私のチャネリングにつながっていたことが最近わかりました。

生まれて初めて「神の意思」というものを感じました。本当に、自分の「顕在意識」や「思考」で意図していなくても、宇宙は魂の成長に必要な人との出会いや出来事をプロデュースしてくれます。
ですから「○○やるぞ!」とか「○○しなくちゃ!」と、気負わなくても、宇宙の流れに身を委ねればいいんだな、ということが、完全に腑に落ちました。

すべてはつながっていて、最善の出来事が起こります。
宇宙の愛を信じてみましょう。

 
セドナでライトランゲージやってみました。
↓↓↓話せるようになったばかりだったので、ちょっと緊張気味ですね(^^;

関連記事

  1. 高野山:真言宗密教の世界①

  2. 2020年末まで続く刷新のエネルギー

  3. 歴史と信仰の街・長崎

  4. 変容の旅・セドナで知った「カルマ」と「人生の目的」③

  5. 高野山で感じたエネルギーのお話

  6. 瞑想でハイヤーセルフとつながろう

  7. 都会のオアシス・明治神宮

  8. 自己鍛錬で「悟り」を目指す

最近の記事

月別アーカイブ

キヨクイズミ 初の著書 発売中!