新緑の鞍馬寺で受け取ったメッセージ

外出自粛が解除になって、徐々に日常が戻ってきましたね。
先日、2020年になって初めて鞍馬寺へ行ってきました。鞍馬寺は、自宅から1時間かからずに行ける「近場」でありながら、非日常を味わえる、お気に入りの場所です。昨年は3回も行っているのですが、年明けからのコロナショックの影響で、鞍馬寺へ行くのは半年ぶりくらい間が空いていました。

自粛期間中は家からほとんど出ず、長時間スマホやパソコンに向かっていましたので、たまには自然の中でリラックスしたいな、と、突然思い立って鞍馬寺へ向かいました。ふらっとパワースポットへ行けるのが京都住みの特権です(^^)

しかし5月30日は拝観停止中で、ケーブルカーが動いていませんでした(^^;
※6月4日から拝観再開です。

鞍馬寺ホームページ

この日は奥の院も閉鎖中でしたが、境内までは行けるとのことでした。せっかく来たし、古札をお返ししたかったので、頑張って九十九折の道を登りました。人が少なかったので、久しぶりの静かな鞍馬寺はよかったです。

ブログに何度も書いていますが、鞍馬寺は、金星から「サナトクマラ」というアセンデッドマスターが降臨した、宇宙とつながる場所と言われています。
30分くらい坂道を歩いて汗だくになって到着しましたので、ベンチに座って休憩がてら瞑想をしました。
久しぶりの外の空気は、とても気持ちよく感じました。
「たまには身体を動かして汗をかき、肺や細胞を新鮮な空気で満たしてあげなさい」というメッセージをもらいました。本当にそうですね。

やはり、自分なりの、魂と肉体のベストバランスを保つことが大切だなと思います。精神性を追求していると、身体がおざなりになってしまうことがあります。でも、魂と肉体は相互に影響しあっていますから、魂の乗り物である肉体にも気を配って、メンテナンスしてあげることの大切さを思い出しました。

ケーブルカーが停止していなければ実感することもなかったかと思うと、本当に、宇宙は最善の出来事を起こしてくれるのだな〜と、あらためて気づかされます。
緑の中を歩いて、パワーチャージできました。2日間、筋肉痛に苦しみましたけどね(^^;

もうひとつ、受け取ったメッセージとしては…

鞍馬寺は、大型台風の影響で、かなりの被害を受けました。大杉権現のお堂が破壊され、大木もたくさん倒れています。
すっかり山の姿が変わってしまい、「鞍馬の森の再生のためには、まだ長い時間がかかります」とホームページにも書かれています。

一度破壊されたものは、完全に同じものには戻りません。ですから、失ったものを嘆き、「元に戻したい」と考えてしまうと絶望しか無くなるのですが、新しいものとして「再生しよう」と考えれば、希望につながります。

覆水盆に返らず
来るものは拒まず・去るものは追わず

という、ことわざが思い浮かびました。
今回のコロナショックでも、失くしたものや、できなく(しにくく)なってしまったことが、いろいろありますよね。
ですが、もう完全にコロナ以前の世界には戻れません。
破壊と再生は自然の摂理です。変化しながら、環境に対応しながら、進化していくのが生命の目的です。

「ないもの・失くしたもの」ではなく「あるもの・これから生まれるもの」に意識を向けましょう!
 

鞍馬駅前の大天狗像が新しくなっていました。初対面!
変わっていくこと、残っていくこと、すべてを受け入れ、宇宙の流れに身をまかせましょう!

関連記事

  1. ダイエットは精進潔斎だった?

  2. 瞑想でハイヤーセルフとつながろう

  3. 言葉のちから

  4. 前世透視をしてもらいました!

  5. 変容の旅!セドナで知った「カルマ」と「人生の目的」①

  6. 自己鍛錬で「悟り」を目指す

  7. スピリチュアルと現実の融合

  8. バシャール公開チャネリング@セドナ参加レポート

最近の記事

月別アーカイブ

キヨクイズミ 初の著書 発売中!