思考のダイエット

急に「思考のダイエット」という言葉が降りてきました。

今度出す本にも書いたのですが、悩んだり迷ったりしている、ネガティブになっている時って、たいてい「考えすぎ」なんですよね。

他人の気持ちをあれこれ想像したり、なんであんなことしたんだろう、こんなはずじゃなかった、と後悔したり。

誰かと比較して自分を責めたり、他人の人生に首を突っ込んだり。

無駄な脂肪のように、無駄な思考がいっぱいある状態では、体重が重くて動けない人と同じく、未来を創造する建設的な行動ができません。

えいやっと覚悟を決めて思考をダイエットしてもらいたいなと思います。ただ、体重のように目に見えないので気づかない人も多いかもしれませんね。ここで言う無駄な思考というのは、ネガティブな感情を生む思考のことです。

たとえば、「あの人はこう考えているに違いない。だから私は悲しい」というように、自分の中で勝手にネガティブな解釈をしてしまうような思考のことです。ネガティブな解釈をずっと気にして、ずっと反芻してしまうような思考回路を断ち切りましょう。

どう思っているかなんて相手に聞かないとわからないし、潜在意識(無意識)での言動であれば相手も気づいていないかもしれません。

事実(ラインの返事が来ない)はひとつですが、解釈には、ネガティブなもの(きっと私のことが嫌いなんだ)もあれば、ポジティブなもの(仕事が忙しくて返事をする時間がないのかも)もあります。

自分勝手なネガティブな解釈こそが無駄な思考です。少しずつ減らしていくのが、自分らしく幸せに生きるコツなんです。

痩せるときも、まずはストレッチとか運動をして身体をほぐすところから始めますよね?思考のダイエットも同じだと私は考えています。まずはネガティブ思考をほぐすところから始めましょう。

思考がスッキリすれば、自己受容もすすみ、未来へ向かって一歩踏み出す勇気が持てます。スピリチュアル的な波動が高まり、直感も磨かれますよ!

関連記事

  1. 「内向的」と「ネガティブ」の違い

  2. 本当は、自分のことは自分がいちばんよくわかる

  3. 「現実逃避」から「現実創造」のスピリチュアルへ

最近の記事

月別アーカイブ

キヨクイズミ 初の著書 発売中!