「内向的」と「ネガティブ」の違い

私たちは何をもって「ポジティブ」「ネガティブ」と人を評すのでしょうか?

実はこのテーマは、今度出版する本の原稿として書いたのですが、カットすることにしましたのでこちらで発表しますね!
 
さて、
外向的で人と合うのが好きな人はポジティブな人、内向的で人付き合いが下手な人がネガティブと思われることがあるかもしれません。でも、内向的・外向的という特性は、ネガティブ・ポジティブとは別の軸になります。

内向的・外向的な特性は持って生まれた資質であることが多いのに対し、ポジティブになるかネガティブになるかは、成長段階での経験の積み重ねによる割合が大きいのではないでしょうか。
赤ちゃんは自分のことを「なんてダメな人間だろう」などとは考えません。自己肯定感は、成長段階において、他者の評価にさらされた経験によって培われます。
私は、ポジティブ・ネガティブという言葉が意図するところは、自己受容ができているかどうか・自己肯定感が高いかどうか、という部分だと考えています。「自己受容」「自己肯定感」は、幸せを感じられるかどうかに大きく関わってくるからです。
 
ネガティブな人(自己否定・自己肯定感が低い人)がポジティブな人(自己受容・自己肯定感が高い人)になって人生をラクにしたいなら、まずは内向型か外向型かを知る必要があります。
外向型で人と会ったりおしゃべりしたりするのが好き、という方は、外向的でポジティブなポジションにいると幸せを感じられます。内向的な人は、外向的ポジティブを目指しても幸せにはなれません。

外向的・内向的を横軸に、ポジティブ・ネガティブを縦軸に、4つのタイプに分けてみたのが下の図です。 まずは、4つのタイプから、自分がどれに当てはまるかを考えてみてください。
外向的であれ内向的であれ、ポジティブな人は迷いがあまりなく、自分の好きなことに邁進できるので、このサイトの情報は必要ないかと思いますが(^^;

A:ポジティブ×外向的な人
芸能人、スーパー営業職、人気講師など。自信満々で大勢の人とつながるのが好き。SNS上に集合写真や自撮りをたくさん載せ、ネットワークビジネスやセミナービジネスで大成功を収めるのもこのタイプ。自信にあふれた姿が多くの人を引き付けるため、他者からの評価を得やすい。(他者からの評価が得られないとネガティブになることもある)

B:ポジティブ×内向的な人
職人や研究者タイプ。アスリートにも見受けられる(代表的なのはイチロー)。自己受容ができており、自分が興味のある分野を追求することに幸せを感じる人。大勢の人とつながるような人付き合いにはあまり興味がない。突出した技術やスキルがあれば社会的にも成功できる。

C:ネガティブ×外向的な人
人付き合いは好きだが、自分に自信がない人。自信がないから誰かと常につるんでいないと安心できない。Cの人は、Aの人に強烈な憧れを持つ。Aのコミュニティに入ることで、安心感を得ようとしがち。Aのコミュニティの勧誘などに熱心になるのもこのタイプ。Aの人と自分の差に落ち込み、よりネガティブになることもある。

D:ネガティブ×内向的な人
本来は自分の興味を持てる分野に集中できれば幸せを感じられるはずが、他者からの評価によって自己否定感を強めてしまった人。自分に自信がなく、人付き合いも好きではないから孤独になりがち。他者の評価を得やすいAの人にコンプレックスを抱きやすいが、目指すべきはBタイプ。

私は社会人になってから二十年以上、Dの内向的ネガティブで苦しんでいました。独立して仕事をするようになってからは、Facebookやブログで大勢の方との集合写真をたくさんアップされている人を見ると「大勢の人とつながれない自分はダメだなあ…」などとウジウジ考えていました。
 
どうしても、大勢の人とつながる華やかな方は社会的な評価が高く、幸せそうに見えてしまいます。でも、内向的な人が、大勢の人とつながるスタイルを無理に真似する必要はないということに、やっと気づくことができました。
集合写真をたくさんアップしている方は、大勢の人とつながり、ファンを集めて交流するのが大好きな人なんです。大好きで楽しいから、毎日できるんです。自分が楽しく成功できた方法を、良かれと思って皆に伝えているだけなんです。

他人の価値観に合わせて、誰かと自分を比較したり、他人が求める「あるべき姿」を正しいと思い込んだりしていると、自己否定の気持ちが生まれてしまいます。 内向的な人は、外向的な人と同じことをしても幸せにはなれませんし、成功もできません。
成功した人の方法は、「その人」に合っていたから成功したのであって、タイプが全然違うのに真似をしてもうまくいくわけないのです。

他人が語る成功法則や幸せになる方法は、自分に合っているかどうかを検証することが大切なのです。そのためにはやはり「本当の自分を知る」ことが必要です。

私は、ボイジャータロットに出会って自分を変え、Bの内向的ポジティブな人になれました。外向的な人のように大勢の人とはつながれないかもしれませんが、自分の好きなスピリチュアルを追求して、このサイトで発信することが喜びです。皆さんも、自分らしい幸せを見つけましょうね。

関連記事

  1. 「現実逃避」から「現実創造」のスピリチュアルへ

  2. 思考のダイエット

  3. 本当は、自分のことは自分がいちばんよくわかる

最近の記事

月別アーカイブ

キヨクイズミ 初の著書 発売中!